消防士の服の色が違う理由

スポンサードリンク1

消防士の服の色が違う理由は?


どうもインフォ消防士(元くろんぼ)です。


みなさんは消防士の着てる服の色が違うのをご存知ですか?


今回は、消防士の着ている服や胸に付いているバッジなどについて記事にしました。


Twitterやっています。

消防の仕事のことについて、あれやこれやということをつぶやいています。

お気軽にフォローしてください。

インフォ消防士のTwitterは『こちら




消防士の服の色が違うのはなんで?みんあオレンジじゃないの?



101032_01.jpg
参考:http://www.teisen.co.jp/product/552/


実際、自分も消防士になるまで知らないことだらけでした。


へ~って思うこともいろいろあえりましたので、これから消防士になりたい、興味があるという方はぜひ読み進めてください。




消防士の着ている服の色の違い



みなさん、消防士といえば?



オレンジの服!



ですよね?笑




みんなオレンジを着ていると思っている方もいるのではないでしょうか?
けっこう多いですよ、オレンジ以外も着てるの?

と言われることが。


まず、消防には大きく分けて3つあります。
(かなり大きく分けて)

消火隊、救助隊、救急隊の3つですね。


この3つで服の色を分けています。



消防士の服の色の違い:消火隊



まず、消火隊は青色の活動服というのを着ています。


消火隊


この画像の真ん中の服ですね。


基本的に本部や予防課など日勤の人たちも制服以外のときはこの活動服というのを着ることが多いです。


この青の活動服というのが基本です。
なので消防に入って最初に着れるのはこの青の活動服のみとなります。



消防士の服の色の違い:救助隊




次に救助隊ですが、救助隊がオレンジの救助服を着ています。

救助隊


みなさんおなじみのこの画像の右の服ですね。


訓練で救助技術訓練をするときもオレンジを着ますが、仕事中にオレンジを着れるのは救助隊の人だけです。
これを知らない人が意外と多いです。


みんなオレンジを着ている訳ではなく、救助の知識、技術を備え、認定された人だけがオレンジは着れます。


しかし、救急救命士とは違って国家資格は必要ではありません。


しかし、潜水隊などに入るとなると潜水士の国家資格は必要になってきます。



消防士の服の色の違い:救急隊




救急隊は青の活動服を着ている人もいれば、ネズミ色の服を着ている人もいます。

なんで同じ救急隊なのに違う服なのかというと、ネズミ色の服を着ている人は救急救命士の資格を持っている人です。

P23-03.jpg
出典:http://www.bousaihaku.com/cgi-bin/hp/index.cgi?ac1=R101&ac2=R10101&ac3=5652&Page=hpd_view


青の服の人はその資格を持っていません。
(厳密に言うと持っていても救命士として出ていないということもあります。)


救急救命士の資格に関してはまた別記事で紹介しますね。
救命士などの資格の紹介は↓の記事からどうぞ
元消防士が教える消防士になる前に取れる資格や必要なスキル


救急救命士のことを簡単に言うと、活動服に隊員より傷病者にできる処置が多いという資格になります。



静脈路確保といって点滴の針を刺せたり、管を口から挿入できたりなどの資格があります。


救急車には最低1人は救命士がいないといけないとなっています。


この辺の解説は先ほどの記事で説明しています。
救急救命士の資格について『【救急隊】救急救命士と一般救急隊員の違いを元消防士が教えます


以上が服の色の違いの理由です。
次は胸に付けているバッジについてです。



胸のバッジは何のために付いている?




次は胸に付いている金色のバッジです。


なんか、☆が付いてますよね。
あとよく見たらラインも本数がちがうよなぁって分かりますよね。



これ階級章っていうんですよ。


消防にも階級があって、下から


消防士、消防副士長、消防士長、消防司令補、消防司令、消防司令長、消防監、消防正監、消防司監、消防総監


の10階級があります。


しかし、その市の規模によって階級が6つしかないところもあったりします。

詳しくは↓のサイトが詳しくまとめていたのでどうぞ。
http://careergarden.jp/shouboushi/kaikyuu/


最初はみんな消防士の☆1つにライン2本からスタートです。

もし避難訓練とかあったら見てみてください。
よくみたらキラキラ具合が違いますので。笑


かならず消防士長以上の人も来るのでそこにも注目してみてください!


1つの小隊に消防士長以上がいないと小隊は組めません。

その小隊の責任者ということですね。


へ~
ってなりませんでしたか?(笑)



消防士の服の色のちがいのまとめ




以外と知らないことがあったのではないでしょうか?

ちなみに、救急車3人とも救急救命士でねずみ色ということもあります。

その自治体によって体系は違うので必ず活動服の人がいるといういわけでもありません。


今回の記事で少しは消防のことは理解していただけたかと思います。

また別の記事で。


消防でよく聞かれる質問をまとめました
『消防でよくきかれる質問第一弾』


救命士などの資格の紹介は↓の記事からどうぞ
元消防士が教える消防士になる前に取れる資格や必要なスキル

スポンサードリンク

カテゴリ:消防士  コメント:2

コメント

  1. - より:

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

  2. くろんぼ より:

    > 失礼します。レスキューの服装画像を少しの間
    > 使わせて頂きます…用件が済んだら削除致します。
    どうぞ!

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
管理人:インフォ消防士(名前変えました:元くろんぼ) 消防を辞めて転職しました。 投資とアフィでほぞ細と活きてます。このブログでは消防・ブログ・お役立ち情報を記事にしていきます。 ⇒詳しいプロフはこちら   Twitterはこちら
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ .posi { margin:5px 0px 20px 5px; }