浪人はかなりきつい?恥ずかしいこと?親不孝?浪人の体験談

スポンサードリンク1

どうもくろんぼです。

今回はセンター試験を2回も受けた話をしようと思います。

センター試験を失敗した話は↓からどうぞ
センター試験ミスった話、ミスってもなんとかなるよ


滑り止めにはいかず浪人したくろんぼ


64edf69b98d76956d2774de21159a419_s.jpg


滑り止めは1つありました。

まぁ言い方は悪いですがFランってやつです。

なんで滑り止めに行かなかったのか…
まずは経緯からお話しますね。



悔しさと情けなさがこみあげてくる


後期、不合格通知が届いてから兄貴(当時大学2年生、1浪経験)と飲みに行きました。


そのときに大学の構内を通ると合格発表の掲示板が立っていたんですよね。

その大学は受験してはいませんでしたが、それを見て涙が出る補ほど悔しかったです。

自分はあんなに頑張ったのに…

努力が足りなかったのか…

母さんは女手一つであんなに支えてくれたのに…


飲みに行く途中だったので兄もびっくりしたことでしょう。(笑)
いまでも覚えています、あのときのことは。

それを見て、兄は浪人を勧めてきたんだと思います。

あの日に何をどこで飲んだというのは今でも覚えていますね。(笑)

全く土地勘のないところなのに今でも行けてしまいます。


マイナスなイメージしか浪人には持っていなかった


b846727afacde5ddc6e76416c8fb5776_s.jpg


自分の浪人のイメージとしては、

ニート予備軍、暗いイメージ、すごくダサい…
などなど、医学部や薬学部に行くわけでもないのに浪人するのは恥ずかしいことだと思っていました。

その誤解を解いてくれたのが兄貴です。


浪人はかなりキツイ


浪人生活、一切遊ばずに勉強ばかり…

発狂したくなる生活になる

と思っていましたが、意外と兄貴も、どこの予備校もそういう生活はよくない
って言われました。

4つほど予備校に回りましたが、どこの講師もちゃんと息抜きで遊びにはいったほうがいいと言われました。


週に1回ぐらいは遊びに行かないと、ガス欠になるから
ぜったいに遊びに行け

これが予備校のときのチューターの最初の言葉でしたね。

結構衝撃的でした(笑)

寮に監視カメラ付けてるくせになんか言っていることが(笑)

メリハリを付けろということなんでしょうね。


勉強がキツイ…
確かにしんどいけど、少しずつ成績を上げていけば喜びに変わるし
しっかり息抜きしてみんなで支えあっていこう

自分の予備校はこういう雰囲気でしたね。


しかも自分は寮に入っていたので、他の寮生とすごく仲良くなりました。

同じ釜の飯を食って一緒にお風呂に入って
社会人になってもいまだに付き合いがあります。(笑)

まだ留年して大学生のやつもいますがね。(笑)

浪人する=一人でしんどい

宅浪だとちょっとしんどいですが、今時はSNSなどあるのでコミュニティに参加して少しでも仲間を増やしましょう!



浪人は暗いイメージ?


いえ、浪人はむしろ大学合格という目標に向かって進んでいるので輝いています。

進〇ゼミのマンガに出てくる浪人生の負のオーラといったら半端じゃないですよね(笑)

あんなことありません。(笑)

大学合格したいのは現役生だけではありません。
浪人生だって同じなんです。

むしろ滑り止めに逃げずに、自分が行きたい道に全身全霊を賭けて進んでいくので賞賛すべきことだと思います。



浪人は親不孝で周りからはどうみられるのか


まず、親不孝かどうかというと親不孝ではありません。

確かに現役合格した人は親孝行しています。

でも浪人したからって親不孝なわけがない。

自分のすすみたい道にチャレンジしたい!
と言っているんだから。

僕の母もこの気持ちを受け止めてくれました。


だから親不孝ではありません。

大学卒業の時に感謝の気持ちを表せばいいんです。

『あなたたちのおかげでこんなに素晴らしい大学生活だった』って。

親ってすごいですよね、本当に。
頭があがりません。


周りからどう見られるか…
先ほどもいいましたが、輝いて見えます!

とくに滑り止めとかにいった人たちからしたら、ジェラシーを持ってしまう存在でしょう。

自分の希望の大学に行きたいために、キツイくて長い茨道を選んだわけですから。


だから胸を張ってください。


自分の目標に向かって頑張っている人、フリーター、浪人生、ニート、立場なんて関係なく輝いていますから。



精神的に病む人が多い


これも世間のイメージですね。
というか、周りが悪いパターンな気がします。

自分は母元を離れて勉強していたので、プレッシャーが少ないという意味ではよかったのかもしれません。

実家から通っている方は親のプレッシャーというのはあると思います。


そういった部分で精神的にくる人もいるかもしれません。

でもそういった人って浪人に対してマイナスなイメージを持ちすぎです。
周りから悪く見られているとか、親戚に合わす顔がないとか、


さっきから言っていますが輝いているから安心して!

それは被害妄想にしかすぎない。

大丈夫、みんな応援してくれているから。


『もし受からなかったらどうしよう』

って思うこともあると思います。


汚れていない皿を汚れるのを心配しても仕方ない


つまり、起きていないことを心配しても意味がない
っていうことです。

起きていないことを予測して未然にふさぐ対策をするのはいいことですよ?

でも、あぁこうなったらどうしよう、うわ~
なんて思っていてもただの時間の無駄。

ライバルはその時間も勉強しているよ。


こう思えば時間の無駄、自分のバカさが分かりますよね?

落ちてもいないのに落ちたこと考えても始まらんのです。

だったら。受かったこと考えて、合格したらこれをしたいリストを作ってモチベーションにしたほうが5000倍ましです。


マイナス思考の時間は無駄な時間

こう割り切って勉強していきましょう。

辛い時は誰かに相談して、泣きたいときは泣いて、
また勉強していけばいいんです!!!

頑張れ浪人生!!



浪人を反対されている人、滑り止めにいったけど諦められない人



d24f5e2e3eb07c29194c76f6e13e06ab_s.jpg


自分の母は浪人をすんなり受け入れてくれました。
というより浪人してほしいと思って兄貴に説得を頼んでいたみたいです。(笑)

自分が滑り止めに行きたいと思っていたわけでもなかったので結果的に背中を押されてという形になりました。


ですが、浪人したくても親が許してくれない

そういう家庭もあると思います。

どうしよう…
そういう悩みがあると思います。

でも意外と世間ってすり抜けられる道が用意されていてみんなが知らないだけ、ということもあります。


今回紹介するのはみんな知っている少し選択肢が広がることを紹介します。


大学編入


これは有名だとは思うんですが、自分も最初は千葉大学への編入を試みていました。

内容はもちろん大学の内容なんですが、正直いって講義じゃ追いつきません。
とくに数学。

独学で頑張りましたが、チンプンカンプンで模試を受けても悲惨でした。

一応勉強は続けて受験しましたが不合格でした。


これは甘えかもしれませんが、というか甘えなんですが
教えてくれる人もいない中で勉強を続けるのは相当しんどかったです。

途中まったく勉強しない期間もありました。

そりゃ受からんですよね。


ですが、編入という制度があるのも知っておいて損はないと思います。

地方大学ならけっこう問題は簡単でした。
(自分の大学が簡単だったので少しショック。笑)

ただ面接とかがあるので、予備校とかいった方がいいかもしれませんね。



仮面浪人


編入じゃなくてこっちを選択すればよかったなって思いました。

大学行きながら、大学受験をするということですね。

全く知らないところの勉強からスタートするよりは、という後悔ですね。
可能性はこっちのほうが高かったかなと思います。


アルバイトもできるので受験代ぐらいは稼げます。


自分の高校の同級生は滑り止めから旧帝大に仮面浪人で合格していました。

だから頑張り次第なのかなって思います。


社会人から大学入学


自分が行っていた大学はけっこう社会人から学位をとるために入学したっていう人もいました。

授業料なんかは会社が出してくれているとのことでした。

そういうパターンもあるんだなって思いました。


社会人を辞めてというのはあるかもしれませんが
会社に勤めながらというのはけっこう衝撃的でしたね。


会社の制度によってはそういうところもあるので
浪人するというだけが1つの道ではなさそうですね。



くろんぼの浪人体験談


b2545ba8ef8d30d4380c76d31452ace9_s.jpg


浪人するってことに対してすこしはいいイメージを持ってもらえたでしょうか?

友達も増えるし、目標に向かって頑張っている姿は本当に輝いています!

最後に仮面浪人などについて紹介しましたが
大学に入るとかなりの誘惑が待ち受けています。

流されないように勉強してくのはなかなか難しいので頑張ってください。

ちなみに自分は流される自信があったので浪人を選びました。

そして編入のときは見事に流されていたので、アルバイトもしまくっていたし、勉強もそんなにできませんでした。

家庭事情はいろいろあると思います。

自分に合った道を選択していって、そこで大きく飛躍してください。


ではまた別の記事で!

スポンサードリンク

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
管理人:インフォ消防士(名前変えました:元くろんぼ) 消防を辞めて転職しました。 投資とアフィでほぞ細と活きてます。このブログでは消防・ブログ・お役立ち情報を記事にしていきます。 ⇒詳しいプロフはこちら   Twitterはこちら
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ .posi { margin:5px 0px 20px 5px; }