デートのたびに女性に奢らなきゃいけないのかなって悩んでいませんか?

スポンサードリンク1

毎回、毎回デートのたびに女性にはご飯はおごった方がいいのかな…
って思っていませんか?

いいえ、奢らなくてもいいんですよ、あなたの気持ちの持ち方次第です。

くろんぼもおごるときもあれば奢らないときもあります。

今回は、どういう基準でくろんぼはそこを分けているかということを記事にしました。

みんな奢る?奢らない?


559539df612acb8ce2b1367c2754c2a4_s.jpg


あなたは必ずデートのときに奢りますか?
相手によって変えるっていう方も多いと思います。


果たして女性は奢ってもらいたいのか


自分の周りの女性(23~28歳)の人に聞くと、

『どうでもいい男性には奢ってもらいたくない』
『奢ってもらわないと女でいる意味がない』
『奢ってもらわなかったら次はない』


といったような意見がありました。

必ずしも奢ってもらいたいと思っている女性ばかりではないというのは言えますが、そのときは眼中にないっていうことですかね…

また彼氏の場合は
『奢るぐらいだったら貯金して旅行代にしてほしい』
といった意見もありました。

しかし『奢ってもらって当たり前』という考え方の人は一定数はいるみたいですね…


会計のときに財布は出すしぐさは最低でもするとはみんな言ってはいましたが、心の中では男性の『いいよ』って言葉を待っているのでしょう(笑)


男性は奢りたいのか?


あなたはどうですか?

初めてでデートする相手に必ず奢っていますか?

どんな相手でも必ず奢るよっていう友人がいますが、やっぱり心のどこかではまた奢ってしまったって思っているみたいです。(笑)

どうしても見栄を張りたいという気持ちがあるんでしょうね。

分かります、その女性にもですが、店員さんにも見えを張りたいって気持ちになりませんか?

あ、こいつ奢らなった
って思うことはないんでしょうけど、思われたらいやだなって(笑)


くろんぼの奢るか奢らないかの基準



61231f3ea1911b73ecf7b0428e4251ff_s.jpg

実際、自分も学生時代は必ずと言っていいほど奢っていました。
初めてデートする相手も、彼女と飲みやご飯に行った時もですね。

ですがやっぱり心の中では『ああぁ』って思う気持ちがありました。
正直に言います。(笑)

ですがあることをきっかけに変わったんですよね。


お金にはプラスとマイナスがある


前回、『ユダヤ人大富豪の教え』っていう本を↓の記事で紹介しました。
人生で一冊しか本が読めないならこれを読む

この本を読んでから自分の中でラインができたというか、
こういう気持ちで奢るというよりお金を使うといいなっていうのを理解できました。


お金を使うときに、どういう考え方でお金を使うのかということです。

『あぁ、残り今月こんだけだけど、仕方ないから払うか…』

なのか

楽しい時間を過ごさせてもらったお礼にここは払うよ

っていう気持ちでお金を使うのか。


お金は流れがあるっていう話をこれまでの記事でもしました。
自分のところに給料として入ってくるお金。
そこから出ていくお金。

その流れをストップさせてしまうと自分の人生の流れも悪くなると。

そこの使い方が問題なわけです。


先ほどの前者のお金の使い方。
『できたら払いたくないな』っていうマイナスな使い方をしていますよね。
そこで払ったお金はマイナスのお金になります。

そしてそれが流れていって最終的にまた自分のところに返ってくるのです、マイナスなお金として。

ちょっとスピリチュアルな話ですがイメージしてみてください。

後者の場合は、『ありがとう』という気持ち、愛のこもったお金の使い方ですよね。
それは最終的に自分のところに愛のあるお金として帰ってきます。

そんなの関係ないよって思うかもしれませんが、これが奢るときの気持ちにも影響してきますし、あなたが男として、どれぐらい器の大きい男なのかという部分でも変わってきます。

そして入ってくるお金がプラスなのかマイナスなのかで不思議とあなたのそのお金の使い方や貯金の額にも大きく変わってきます。



くろんぼはどういう気持ちで奢っているのか


お金にプラスとマイナスの面があるのは上記の通りです。

話を戻して、そこからくろんぼはどういう気持ちで女性に奢るのか…


『自分のデートのために化粧をしたり洋服を選んできてキレイにしてきてくれたその気持ちの感謝として奢る』

こういった考え方で奢っています。

奢らないときがあると言いました。
それは友達と食べに言ったりとかですかね。

多めには出したりしますが、全額はおごったりしません。
もちろんその友達も化粧をしてきたりしています。

ですがそこで自分にそういった気持ちで奢られても困るだろうからということでラインを引いています。

その友達にとって特別な人はいるわけです。
その人にそういった気持ちで払ってもらった方が嬉しいですよね。


後輩にも奢るときは、こんな先輩に付き合ってくれてありがとうっていう気持ちで奢っています。

そういうプラスの気持ちでお金を使えば自分のところにも回ってくるんですよ。
自分の先輩から奢ってもらうように。

やっぱり回ってくるんですよね。

なので奢るときは『付き合ってくれてありがとう』と思って払った方がいいですね。



奢るか奢らないかのまとめ



結局奢る奢らないっていうのはあなたの気持ち次第なので奢らなくても全然いいと思います。

本気で狙う人は奢るとかそういった区別でも人それぞれなのでOKです。

ただお金を使うときは『ありがとう』といった愛をこめて使えばまた巡りめぐって自分のところに愛のあるお金が返ってきます。


自分の考え方もけっこうジェントルマンじゃないですか?(笑)

ぜひ、あなたが嫌々お金を払うことがないように願っています。

この考え方を学んだユダヤ人大富豪の教えは↓です。


ではまた別の記事で!

スポンサードリンク

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
管理人:インフォ消防士(名前変えました:元くろんぼ) 消防を辞めて転職しました。 投資とアフィでほぞ細と活きてます。このブログでは消防・ブログ・お役立ち情報を記事にしていきます。 ⇒詳しいプロフはこちら   Twitterはこちら
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ .posi { margin:5px 0px 20px 5px; }