消防士と消防団の違いと消防団に入ったほうがいいのか

スポンサードリンク1


消防団なんですね!

な~んてことをよく現役消防のころはよく間違えて言われていました(笑)

どうもインフォ消防士です。

今回は消防と消防団の違いと消防団に入ったほうがいいのかについて記事にしました。
意外と知らない消防と消防団の違い


消防と消防団の違い


cee3c36e7f623dff99724e635000ef97_s.jpg


よく合コンや飲み屋のねーちゃんに

『消防団なんですね!!!』

って言われることがありました。(笑)



めんどくさいのでいちいち訂正はしませんが、消防と消防団は違うものなんですよね。


消防と消防団の違いについて



結論からいうと、

プロフェッショナルとしてやっているのが消防

他の仕事をしながら、火災や災害があったときに消防の手伝いをしてくれるのが消防団です。



消防と消防団の違い:消防団とは


9ec8e65e63b64af8dc236910475a61ff_s.jpg


まず消防団の説明からしますね。


もちろん消防法にも記載はあるんですが、そんなこと書いても分かりにくいし知らなくていいです。(笑)



消防団はボランティアでやってもらっています。



普段は消防として活動しておらず、その市町村に住んでいる人たちでボランティアとして地域を災害から守るために担っています。



え、じゃあ普段は別の仕事しているの?



はいそうです、普段は普通に消防とは違う仕事をしていて、有事の際に召集がかかる地域だけ消防団は集まるようになっています。



なので職場の理解も必要なんですよね。



でも消防団ってけっこうな人数いるけどみんなボランティアって本当にすごいですね。



そうです、消防団の人たちはボランティアですごく尽力を尽くしてもらっています。



しかし、有事の際に召集された消防団はお金が市から発生します。


これはけっこう知らないんじゃないんでしょうか?



市町村によって金額は違います。



朝だろうと寝ているときだろうと召集がかかれば集まらないといけません。



ここは消防士と一緒ですね。



大きな特徴として、消防団はボランティアでやっていて、召集されたらお金が発生します。




消防と消防団の違い:消防は


aca61c53fa1567aeaa8fb21d2fc2c212_s.jpg


消防はもう言わずもがななんですが、消防団とは違って消防業務に従事する人をさします。


市町村で雇われているので、転勤は市町村内だけになります。


ここもけっこう間違われている方が多くて、県で雇われている警察とは違って消防は市町村単位なので転勤も市町村内のみです。



そして給料も都道府県職員より安いです。



市町村の公務員だから。


消防団とまた違うところは、消防団は火災と地域の道路状況の整備などが主な仕事内容ですが(准救急隊員という制度を入れているところもあるので全てがという訳ではありません)、消防は救助、救急、予防、その他災害に全て対応します。



消防は本職ということですね。



合コンなどでも、消防士なのか消防団なのかで違いがあるので気を付けてくださいね(笑)




消防団に入ったほうがいいか


26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s.jpg


今、消防団に入らないかと誘われている人もいると思います。


もしくは入ってみようかなって興味がある人もいるかもしれません。


ここでは元消防士が正直な意見を言います。


これが全てとは思わないで欲しいですが、消防署の人に聞いても素直には答えてくれないかもしれないので自分が本音を言ってみようと思います。



消防団に入るメリット


bca7d59b6589412c94c0675a05d7cf73_s.jpg


消防団に入るメリットとしては、消防団ももちろん階級がありますし、定年もあります。


そして退職金があります。


これも意外じゃないですか?



ボランティアで入ったのに退職金が出るっていうのは(笑)



詳細な金額は市町村によって違うので詳しくはいえませんが、けっこうな額だなぁって思うぐらいです。



当時のボーナス5回分ぐらいだったかも…
(想像にお任せします笑)


他にも、地域の方々と繋がりが増えます。



同じ地域に住んでいる人たちとの消防団ですので自然と周りに住んでいる人同士が集まります。



若い20代の人から年配の方は50代60代の方までたくさんいます。



そことのつながりがあるといろいろ助けてもらう機会が多いと消防団の方はおっしゃっていました。



板金している人もいれば飲食店をしている人、PC関係の仕事をしている人、整体師、看護師、などなどいろんな職業の人がいるから自分が困ったら電話1つで助けに来てくれるということでした。



確かにいろいろな職業の人がいるから、助け合いというのは非常に大きいなって思っていました。



実際、自営業をしている人はほとんどと言っていいほど消防団に入っていましたね。



消防も消防団で自営業をしている方を優先的に車検や夕飯の注文、飲み会などは行っていました。



言ってしまえば癒着になるんでしょうが(笑)


そして消防ともつながることができるので、急病のときとかは相談したりしていましたよ。



そして消防団は年に1回、出初式という消防団メインのイベントがあります。



消防と協力して消火活動のデモンストレーションをしたりします。



そこでは消防団が目立つ場面ところですね。



色のついた放水なんかはちびっ子たちも大好きですよ(笑)





消防団に入ったほうがいいのか

26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s.jpg


メリットは紹介した通りです。


じゃあインフォ消防士は消防団おすすめなのか?



正直言って、NOです。



入らないほうがいいです。



もうすでに声がかかっている人は断りづらいでしょうが自分だったら絶対入りません。



なんでかって、消防団もなぞに体育会系だから。



体育会系というか、体育会系という言葉をいいことに何でもしていいって思っている奴が多いから



消防といっしょです。



飲み会も多いし、年末も年末警戒って言って警戒に回っていない人たちは集まって飲み会をしています。



しかも飲み会が最悪なんですよね、参加したら自分たちを見ているようでした。



若い人はたくさんいる先輩方の飲み物を常に気にして注ぎにいったり、食べ物を注文したり…



本当に場所によるんでしょうが、ボランティアでうやってもらっているのに楽しくなければ嫌だろうなって思いました。



高校の同級生も無理やり入れられて最悪だって言っていました。



飲み会はほぼ飲み物注文とお酒作りと片付けで終わるって言っていましたね。



また年に1回、操法大会という消防団がメインとして行う大会があります。


消防でいう救助技術指導会みたいなものですね。



それを1月から仕事終わりに体力作りからスタートさせて…

6月頃に大会があります。



正直言って、この操法大会は無駄です。



救助技術指導会も無駄だし癒着だらけですが…


(こんなこと言ったらあれかもしれませんが正直なことを書きます)



なんで無駄かって、現場で使うか?っていったら絶対使いません。


そもそも現場で操法をしていたら確実にケガをします。



火災が起こっている場所までまったく障害がなく昼間で見通しがいい災害地点なんてまずありえません。



なのにバカの一つ覚えでずっと操法をするんですよね。



消防も悪いところがあってこの操法大会は全国大会まであるんですよね。


本当に無駄と癒着だらけだなって思います。



そんなことするより週に1回集まって警防訓練やポンプ取り扱い訓練をしたほうがかなり現場向きです。



市民が操法大会で全国大会に出ることを求めていますか?っていう話です。



救助技術指導会も同じです。



全国大会に行ったらさもすごいことをしたかのように横断幕をかかげますが、はっきりいってあれは愚の骨頂です。



市民のために働いている、市民のためにボランティアしている我々がなんで市民のためにならないことばかりをしてドヤ顔をしているのでしょうか?



完全に本末転倒です。



果たして、そんな現場ありますか?

体力づくり、ものの使い方の訓練っていうならもっとやるべきことはあるはずです。



こういった操法大会もあるのでプライベートの時間もがっつり削られます。



また決起会とか反省会とか事あるたびに飲み会をしたがるのでさらにプライベートの時間は削られていきます。



正直、自分は消防団に入ろうか迷っている

っていう人がいるなら入らない方がいいって言いたいですね。




そもそも消防団はそこまでいらない




もちろん法律によっても消防団の数は決まっています。


ですが自分が火災現場に行っていつも思うこと。


集まっている消防団は使えない


見てるだけもしくは野次馬と同じようにが消防に向かってあれしろこれしろって言ってるだけ



特に地方の方は無駄に消防団が力を持っているところがあります。



というか指揮統制がなっていない市町村消防があります。



自分がいたところは、火災があったら指揮本部が全て消防団についても管理するので消防団は指揮本部から指示があるまで動けません。



それでも消防団はうるさかったです。



しかも集まっても見てるだけとか、小型ポンプで水利部所をお願いしてもできないとか、ホース延長がめちゃくちゃ遅いとか…



操法だけしてたらそうなりますわな

っていつも思っていました。



災害地点まで少し違うだけで対応ができないんです。

普段そんな訓練をしていないから。



こういったこともあり、自分は消防団はもっと減らせばいいのに

って思っていました。



法律の関係でそういうわけにも行かないんでしょうが…


消防団よりも消防職員を増やすべきだろっていつも思っていましたね。




消防と消防団の違いのまとめ



・消防団はボランティア
・召集されたらお金がもらえる
・メリットとしては繋がりが増える
・消防団には入らない方が良い


消防団は入らない方がいいと思います。
面倒なだけです。


もちろんメリットはあるし、地域のためと思ってやっている方もいます。
その人たちを否定するわけではありませんのでそこはご了承ください。


熊本地震では消防団員が人を助けた!
というニュースもありましたので、この記事は元消防士の1つの意見としてとらえてください。






おすすめ記事
救助技術指導会って無駄じゃないですか?
あんなのやってて意味ある?
消防士の救助技術指導会は必要か


消防士の服の色が違うのって知っていましたか?
全員オレンジ着てるんじゃないの?と思っている人はぜひ読んでみてください。
消防士の服の色が違う理由


消防士の資格について紹介しています。事前にもっておくと有利かも?
消防士に役立つ資格を元消防士が教えます


Twitterやっています。
消防に関することをつぶやいていますのでぜひフォロワーしてください。
インフォ消防士のTwitterは『こちら

スポンサードリンク

カテゴリ:消防士  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
管理人:インフォ消防士(名前変えました:元くろんぼ) 消防を辞めて転職しました。 投資とアフィでほぞ細と活きてます。このブログでは消防・ブログ・お役立ち情報を記事にしていきます。 ⇒詳しいプロフはこちら   Twitterはこちら
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ .posi { margin:5px 0px 20px 5px; }