消防士が船舶を無免許で運転し重過失致死の疑いで逮捕!アホか!!

スポンサードリンク1


この記事では先日、香川県の沖合で男性消防士21歳が無免許で船舶を運転し同乗していた男性がスクリューに巻き込まれ死亡させ重過失致死の疑いで逮捕された事件について元消防士として意見させてもらいます。


いい加減、自分の立場を考えろと言いたい。


消防士が無免許で船舶を運転!重過失致死の疑いで逮捕



事件の概要は↓の通りです。

男は無免許で船を操縦していた。船から転落した男性がスクリューに巻き込まれ、死亡。操縦していた男が逮捕された。

 瀬戸内海に面した香川県土庄町。お盆休みの13日、漁港はひとけもなく、穏やかな雰囲気。しかし、この数時間前に小さな船で悲劇が起きた。乗っていた男性が海に落ちてスクリューに巻き込まれたというのだ。かじを取っていた男は免許を持っていなかった。重過失致死の疑いで逮捕されたのは、消防士で21歳の須藤大弥容疑者。


13日は中学の同級生7人でボードに乗った人をロープで引っ張るウェークボードをしていたという。プレジャーボートなどで引っ張るイメージだが、免許を取っていれば漁船でも問題ない。事故は沖合300メートルほどで須藤容疑者が操縦していた時、起きた。


まず、ボードに乗っていた人が転倒。助けようとした須藤容疑者は左にかじを切った。すると、船尾の右、船べりに腰掛けていた男性が海に落ちたのだ。そこにスクリューが…。男性は巻き込まれ、搬送先の病院で死亡が確認された。漁船の所有者はウェークボードに乗っていた男性。須藤容疑者は免許を持っていなかった。


人目のない沖合などではついついやってしまうのかもしれないが、無免許は論外だ。海上保安庁によれば、こうしたケースでも救命胴衣を着ていれば助かる可能性が高まる。今回は船を貸した側も罪に問われる恐れがあるという。十分な注意が必要だ。

引用:http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000134037.html



この事件のポイントは

・船舶を無免許で運転していた
・消防士が無免許運転
・人を死なせた
・救命胴衣を付けていなかった可能性


ということです。



消防士が船舶を無免許で運転していた


b252ed5f11bc314e594e18f3545cf73a_s.jpg


消防士という仕事は大きく分けて、消火隊、救急隊、救助隊、指令隊…と別れていくんですが(他にいろいろ地域によって増えます)。その中で、潜水隊というのがあります。文字通り、潜水士の免許を持った人たちが海や川での救助のときに出動する隊のことです。


潜水隊といっても潜水士を持った人たちだけかというと違って、船を出さないといけないので船舶免許が必要となります。船の舵取りも難しいんですよね。右に行きたいときは左に切って…バックのときはまた逆になって…


それはともあれ、この21歳消防士の消防にも潜水隊はあるはずです。にもかかわらず、よく無免許で船を運転しようと思ったな。どう考えてもアウトですよね。車の無免許はダメで船がいいでしょうか?


今年入ったのかどうか知りませんが、自分の行動に責任なさすぎます。世間から言われるんですよ「また消防?」って。自分一人の行動で全国の消防が叩かれるんです。そういう仕事というのをもっと若手は分かったほうがいいですね。


普段はかっこいい!素敵な仕事!って持ち上げられる分、その落差もすごいんです。少し違反をしただけで叩かれます。


ですが今回の事件はありえません。しかもウェイクボードでって…救う側の人間になったはずなのに人を落としてしまった…不注意かもしれませんが責任の重大さは大きいでしょう。



救命胴衣を付けていなかった可能性がある


4a669bf5e01aa28157804e6b7964be9e_s.jpg


海上保安庁によると、このような船の転落事故の場合、救命胴衣を付けていればこのような事故の場合、軽くで済むケースが多いという。


船から転落するとスクリューが水を巻き込むようにして進んでいるのでスクリューに巻き込まれるのは原理として分かります。しかし、旋回をするとき少なからずスロットルは戻すので回転数は落ちて巻き込む強さも軽減しているはずです。


そして救命胴衣を付けていれば、浮くので死に至るまではないということ。なので救命胴衣を付けていない可能性があるという時点でも違反となります。


自分が無免許で運転していること、救命胴衣なんていらないよという安全管理に対する甘い考え、消防で何学んでるの?って感じですね。


消防の活動の中で1番大事なのは自分たちの安全管理です。


もちろん要救助者の命も大事ですが、自分たちが死んだら助ける人がいません。そういう意味で第一は自分の、周りの隊員の安全確認が必須になってきます。


消防を辞めた自分ですら未だに車から出るときの後方確認、車に乗る前に下を見たりする安全確認、サーフィンをするときの天候、しっかり確認をします。染み付いてしまっているんですよね。


無免許で運転なんて以ての外です。


自分の立場をもっとわきまえろ。


安全管理をなめるな。


先輩方の指導が足りないんでしょうね。



消防の潜水隊の仕事


9ec8e65e63b64af8dc236910475a61ff_s.jpg

せっかく潜水隊の話が出たので少し、潜水隊についても紹介させていただきます。

潜水隊の仕事は主に

・行方不明者が出たとき
・水難救助があったとき

の2パターンが主です。


記憶に新しいのは2018年6月の広島県の豪雨災害での消防の活躍ですね。ニュースで女性を子豚搬送という抱え方をしてロープに沿いながら救出した映像が記憶に残っています。このような災害のときも活躍します。


水難救助があるときというのは想像しやすいと思います。海に転落、おぼれた、川の増水で取り残された…などなど。水救助のエキスパートの人たちが救助に向かいます。


もちろん船舶もつかいますし、酸素ボンベなど非常に重たい器具を背負って入水します。


行方不明者が出たときにも潜水隊は出動します。もちろん行方不明者が海に落ちた、川に落ちたという可能性があるときのみです。

言い方は悪いですが、もう亡くなっているであろうご遺体を上げるために出動します。遺族のためにも、要救助者のためにも出動します。


潜水隊というと海猿のようなかっこいい姿が想像されますが、こういう仕事の一面もあるんだなと知っていてください。



消防士が無免許で船舶を運転のまとめ



・消防士、公務員という立場を忘れるな
・安全管理を徹底しなさい
・船ももちろん免許が必要
・救命胴衣は絶対

残念なニュースですが、起きてしまったことはもう取り返せないので、再度襟を正してほしいですね。


オススメ記事

救急救命士が後輩の消防士に注射の練習をしていた!違法?元消防士の見解は!


大阪で勤務中の消防隊員の行動について一般市民からのクレームがやばい件について

スポンサードリンク

カテゴリ:消防士  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
管理人:インフォ消防士(名前変えました:元くろんぼ) 消防を辞めて転職しました。 投資とアフィでほぞ細と活きてます。このブログでは消防・ブログ・お役立ち情報を記事にしていきます。 ⇒詳しいプロフはこちら   Twitterはこちら
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ .posi { margin:5px 0px 20px 5px; }