スポンサーサイト

スポンサードリンク1

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサードリンク

カテゴリ:スポンサー広告

消防士がやっかいな先輩と人間関係をうまくやっていくにはどうするべきか

スポンサードリンク1


この記事では消防に入った人がどのようにして先輩の人たちと人間関係を上手にやっていくのか方法を紹介しています。


消防で辞めたいという人達の理由の中に必ず入る人間関係ですが、本当に人間関係はやっかいです。


今、消防で人間関係に悩んでいる方、これから消防に入るけど人間関係に不安がある人もぜひ読んで欲しい記事となっています。


消防で人間関係をうまくやっていく方法


ダウンロード

消防という特殊な職業なだけあってクセが強い人が多いです。ですが家族よりも職場の人と一緒にいる時間が長いので人間関係だけはうまくやっておきたいところです。


消防に実際にいる人は先輩たちがどんな感じかというのは分かるとは思いますが、イメージしづらい人もいると思います。

実際に、自分が消防時代にいた先輩は、

・マウントを取りたがるA先輩
・あいさつ無視、何も教えてくれないB先輩
・飲み会でいきなり辞めろといってくるC先輩
・ひたすら揚げ足をとってはみんなに言いまくるD先輩


もちろんいい先輩もいましたが、人間性にクセがある人がかなり多かったです。A~Dまでの先輩に似た先輩がいると思うので対処法が少しでも参考になればと思います。


常にマウントをとってくる先輩


f14b01b96e0b606580d868a3cb8118c5_s.jpg

自分が昨日勉強したことをあたかも若いときから知っていたかのように「お前~について知ってるか?え?そんなのも知らないの?救急隊なのに?救急科出たんだよね?」とマウントを取ってきます。


はっきり言って、消防20年目の人と3年目の人とでは経験が違いすぎるので知識の差は当然でしょう。もちろん、市民は消防士を選べないので若い職員も日々頑張っているはずです。


ですが消防は範囲が広すぎて自分が勉強していない分野についても先輩は質問しては説教をしてきます。


難しいですよ、全範囲網羅するのは。それぞれ得意分野、不得意分野があるはずです。なのに自分の土俵のみで相撲を取ろうとしてきます。


対処法としては、煽りに乗ってはいけません。イラっとすると先輩の思うツボです。イラっとするのではなく「この先輩から知識を盗んでやろう」という気持ちでその質問を受け止めましょう。


あ、そういうのもあるんですね、勉強になります!なんて言うといい気分になってもっと教えてくれますよ(笑)

マウントを取ってくる人からは知識を盗みましょう。いちいちイライラしていても仕方ありませんしエネルギーがもったいないですから。


あいさつ無視、何も教えてくれない先輩


26406c3a091648e89bf4a39fa2c579e2_s.jpg


4人の先輩の中で1番やっかいなのが、あいさつは無視、聞いても何も教えてくれない先輩です。


あいさつ無視はもう人間として終わっています。なのでこの人には絶対に付いて行ってはいけません。あいさつを無視して自分も気持ちいいのかな?っていつも自分は思っていました。


そしてそういう先輩に限って何も教えてくれない。何も教えないということは「自分の知識をシェアすると追い抜かれるかもしれない」と思っているからなんです。


つまり知識が全くない先輩なんですよね(笑)

自分が積み上げてきたことに自信がある人は、自分の知っていることを惜しみなく教えてくれます。全部教えても抜かれないからねって。


この先輩の対処法は簡単、関わらないが1番です。あくまで仕事上の会話以外することなしです。

同じ救急隊とかだとかなりやっかいですが、自分がその先輩より知識も技術も長ければOKです、相手はなにも言えなくなりますから。


飲み会でいきなり辞めろと言ってくる先輩


0243f0458dc4ddd05c252b15f829f6a7_s.jpg


これもやっかいな先輩ですね、飲み会でマウントを取ってくる先輩。

『【消防飲み会】消防に入って2週間の飲み会で先輩に辞めろって言われたパワハラ経験』の記事でもかきましたが、自分は入って二週間で辞めろっていわれました。

お前が選ぶ立場じゃないし辞めろって言われる筋合いねーよって思いましたが、なぜこんなことが言えるのか本当に謎です。体育会系を履き違えている人に多いですね。


対策としては完全にスルーするしかありません。「もっと頑張ります」とかテキトーなこと言っておけばOK。


そんなやつに限って上記の挨拶無視する人だったりしますから。しょーもない先輩ですね。


ひたすら揚げ足をとってはみんなに言いふらす先輩


145678759ebeb75e994b40bbca2c5087_s.jpg


この先輩に1年目とかで当たるとちょっときついですね(笑)


社会人1年目だし消防1年目だし何していいか分からないし、先輩たちのクセも分からない、消防の常識も分からないといった状況ではちっちゃいチョンボをしがちです。


自分としては、1年目だし分からないから仕方ないから教えていかないといけないと思っています。

なのに1つ1つのミスをみんなに行って「常識がないだのなんだの」と拡声器みたいな人がいます(笑)


こういった先輩に対しては、逆にそのミスを印象付けてくれるので覚えさせてくれるとおもうしかありません。


反抗したところで先輩たちはみんな長い物には巻かれろなので若いあなたの味方をすることはありませんからね。


消防で人間関係をうまくやっていくには



まとめると面倒くさい先輩はスルーしておくのが1番ということですね。


先ほども言いましたが、反抗しても何もいいことはありません、あくまで年功序列ですから、年配者のスピード違反は表にだしませんが若手の一旦停止で捕まるとみんなの前で吊し上げするようなところですから、とにかく若いうちは耐えましょう。


そして一生懸命なにごとにも打ち込んでいれば自然と先輩は教えてくれるし認めてくれます。


自分の全力を見せて周りに認めてもらいましょう!

スポンサードリンク

カテゴリ:消防士  コメント:0

コメント

名前

件名

メールアドレス

URL

コメント



管理者にだけ表示を許可する

プロフィール
管理人:インフォ消防士(名前変えました:元くろんぼ) 消防を辞めて転職しました。 投資とアフィでほぞ細と活きてます。このブログでは消防・ブログ・お役立ち情報を記事にしていきます。 ⇒詳しいプロフはこちら   Twitterはこちら
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR

ページの先頭へ

■アクセス解析タグ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
.posi { margin:5px 0px 20px 5px; }